固定電話は必要かどうか

会社設立のために固定電話は必要かどうか

会社設立をするときに、かつては固定電話を引くのが一般的でした。しかし、現在では携帯電話が普及しているために、携帯電話のみで連絡を取るという方法も珍しくはなくなってきています。実際、携帯電話があれば十分でしょう。では、しかし、ないよりはある方が良いです。一般的な会社ならあった方が良いに決まっています。

なくても良い会社というのもあります。たとえば、税金対策のみを行うために設立した会社の場合、無駄にコストをかけるべきではないでしょう。税金対策のみが目的であれば、わざわざ無駄なコストをかけるよりも携帯電話だけでも良いわけです。普通に営業を行って収益を得ていこうと考えているのであれば、会社設立の時に固定電話を持っておいた方が良いです。

この方が圧倒的に良いと言っても言いすぎではありません。たとえば、お客さんが問い合わせをするときに、携帯電話だと印象が悪い場合も多いでしょう。携帯電話だけで営業をしている会社というのは、実は多くはありません。まともな会社ならたいていは固定電話を持っているでしょう。お客さんに対するイメージ、あるいは取引先に対するイメージを優先するのであれば、必要だと考えておいた方が良いです。

また、フリーコールを利用するケースも増えています。一般消費者がお客さんとなるのであれば、0120から始まるフリーコールがあると理想的です。このようなサービスを利用することも視野に入れておくべきでしょう。

最近では固定電話と言ってもかなり安く設置できるものもあります。携帯電話とセットにすることによって安くできる場合もありますから、コスト面を考えるのであれば、セットにして安くなるプランを探すのは良い方法です。

会社設立の手続きのためには、必ずしも固定電話は必要ありません。ただ、携帯電話は個人が持つものというイメージを持つ人も多いです。実務的に携帯電話だけで連絡を取っているとしても、名刺や会社案内に携帯電話の電話番号しか書かれていないと、イメージは悪くなるでしょう。

イメージをアップさせるコストであると考えれば、会社設立をするときに固定電話を持つのも妥当なことだと考えられます。会社設立をするときにお客さんに対するイメージを考えることは大事なことの一つだと言えるでしょう。携帯電話は、おそらくすべての人に必要となると考えられますが、固定電話については会社にとっての必要性はかなり高いと考えておいた方が良いでしょう。

最新記事